« 2005年12月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.03.26

2006.03.26 県立森林公園大会 成績表

 先日、開催いたしました森林公園大会の成績表をここに発表させていただきます。



静岡県県立森林公園初心者オリエンテーリング大会 成績表
開催日:平成18年3月26日(日)
場所:県立森林公園(静岡県浜松市 旧浜北市)
集合場所:バードピア浜北
天気:曇り
総参加者数:106名

○少年少女組 出走4組15名

1石川 可南海・山口 純香・喜多崎 夏織1:02:00
2安藤 陽子・青島 鮎美・石津谷 奈央1:05:38
3橋爪 彩夏・石田 彩・影山 詩織・森 美涼・村木 楓1:57:36
 井田 賀子・和久田 桃子・梨子・坂下 智香・坂田 奈緒子P3(1:19:07)

○家族組 出走21組74名

1久保田 守彦・佳奈0:41:57
2山下 秀人・比菜0:43:14
3石原 正彦・光輝・岡田 祐子・涼・じゅん0:44:20
4木野 真由美・浩成・寿美子・大輔0:51:50
5山口 吉美・美恵・龍大0:54:19
6小谷 靖代・杏奈・玲奈・英彦0:54:19
7鈴木 直哉・美加・聖乃・悠作・南穂0:55:25
8竹内 佳春・忍・悠真・柊祐0:56:19
9鈴木 逸夫・清美・択郎0:58:06
10青島 賢栄・美代子・賢治0:58:17
11中田 清・美香・大樹・惇・翔太1:04:14
12喜多崎 典子・晴美1:07:19
13橋爪 陽子・晴香 1:08:19
14蛯谷 浩幸・亜希子・莉菜1:08:33
15中野 大介・久乃・圭倞・永涼1:10:10
16竹内 美恵子・樹・嵐1:16:27
17中村 憲司・美奈・勇真・夏実1:18:30
18石山 久貢・則子・廉・洋平1:21:54
19森下 重夫・征子・裕大1:26:07
20井田 孝幸・たみ子・匡彦・温子・和久田 まさみ1:35:32
21町田 育悦・みや子・雅樹・光1:58:20

○大人組 出場5組12名



1村松 美和・笹瀬 さとる0:52:14
2安藤 三千代・山口 景子0:55:36
3山本 浩代・幸司1:02:31
4大石 育代・早折 勇希・加藤 早苗1:11:02
5加藤 匠・古橋 千里1:19:21

○個人経験者 出走5名


1櫻木 伸也0:35:06
2渡辺 雅敏0:43:20
3藤田 和男1:00:17
4長瀬 朋子1:19:31
5安藤 真彦1:24:48

続きを読む "2006.03.26 県立森林公園大会 成績表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.10

インカレ参加者数の考察~2006年版~

あぁ、もっと前に書き上げていたのに、、、nifty歴も10年になるからたいていのことは許してしまうのですけど、ココログに関するトラブルだけはちょっとがっかりですね。悔しまぎれにこんなところにトラックバック打ってみることにします。



いよいよ明日今日からインカレですね。昨年こんな記事を書いたので、今年も最新データを元に少し考えてみることにしました。

最近7年間のインカレ参加者総数
年度場所参加者総数(人)新入生(人)新入生割合(%)
1999日光98427928.4
2000作手90324226.8
2001矢板76023931.4
2002下山71122731.9
2003伊賀68623233.8
2004日光68818827.3
2005愛知65418731.5

IC05freshmanratio.gif

 昨年は

来年はよほどのこと(1年生が300人弱参加するようなこと)がない限り、参加者数はさらに少なくなることが予想されます。

と書いたのですが、やはりその通りの結果になってしまいました。(昨年より34人減)いや、こんな予想当たったところで、ぜんぜんうれしくないですが。

 新入生人数は昨年とほぼ同数だったため、全体に占める新入生割合は再び30%台に戻りましたが、「(4年前の新入生)>(今年の新入生)」の関係は相変わらず続いていますので、参加者数は今後も緩やかに減少を続けるものと考えます。2年後の2007年度インカレ(関西?)では、ついに600人を下回るかもしれません。
 ……と思ったら、日本学連総会議事録を読むと、現在、院生の参加を検討しているみたいです。たしかにこれで100~150人程度は増えそうですね。

 もちろん、参加者数が減少したからと言って、インカレという大会の価値そのものが減少するわけでは決してないですが、この参加者数減少傾向に終わりが見えない状況はインカレのみならず、日本のオリエンテーリング界の将来も不安なものにさせているように思えてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年6月 »