2005.08.13

2005.08.13 クラブカップ7人リレー大会

2005.08.13 第13回クラブカップ7人リレー大会
愛知県作手村「大野原」
天気:晴れ

公式ページはこちらです。

*クラブカップ 参加チーム数 132(正規 79  オープン 53)
1 ときわ走林会-A 4:35:31
2 ES関東C-A 4:58:35
3 朱雀OK-A 4:59:13
4 OLP兵庫-A 5:08:04
5 Team白樺-A 5:09:59
6 SWEDEN-A 5:11:11
Open 静大OLC-A 6:44:55
(青木(大)-青木(邦)-丹羽-鈴川-内藤-西山-櫻木)
Open 浜松OLC-B 7:24:05
(藤田-武藤(博)-櫻木-北原(静)-河辺(*2)-浅野-内藤)
失格 浜松OLC-A 失格
(榊原-李-河辺-高瀬-佐藤-武藤(雅)-北原(祐))
失格 静岡OLC-A 失格
(Rob-坂野-田濃-富田-鈴木(夕)-滝-須藤)

続きを読む "2005.08.13 クラブカップ7人リレー大会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.03

2004.10.03 第12回クラブカップ7人リレー大会

2004.10.03 第12回クラブカップ7人リレー大会
駒ヶ根高原家族旅行村
天気:雨

公式ページはこちらです。

*クラブカップ 参加チーム数 132(正規 79  オープン 53)
1 多摩OL-A 3:43:45
2 Team白樺A 3:44:03
3 渋谷で走る会B 3:45:19
4 朱雀OK-B 3:45:34
5 ES関東クラブB 3:46:10
6 横浜OLクラブA 3:55:40
23 浜松OLC-A 5:15:20
(武藤(雅)-野末-鈴木(正)-榊原-北原(静)-北原(祐)-李)
40 浜松OLC-B 6:42:28
(内藤-大野-山本(徳)-谷野-佐藤-小林-浅野)
失格 静岡OLC-A 失格
(Rob-村越(久)-森田(有)-村越(怜)-富田-平井-田濃)
Open 静大OLC-A 5:59:34
(森-鈴川-西山-西-丹羽-櫻木-内藤)
Open 浜松OLC-C 失格
(高瀬-藤田(和)-川合-吉村-×-×-×)

 過去11年間の対戦成績が1勝10敗だった静岡OLCに今年は勝つことができました!!
とはいいつつ、静岡はペナでしたし、こちらも全員完走できませんでしたので、喜びも半分と言ったところです。(わたしは常日頃から、「浜松OLCの名前で参加している以上は、どのチームであろうが平等に扱う」と言ってきました。)また、全員完走を目指して、一から出直しです。そして、静岡OLCにも今度は完走してもらって、もっと高いレベルで静岡ダービーを争いたいものです。

 失格チーム続出の原因となったビジュアル手前コントロールについてはこのページにまとめてみました。

【後日談みたいなのは、あとでもう少し付け足す予定です】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.02

1:7500の地図

(最初の投稿記事作成時から状況が大きく変化しました。ぜひ最後までお読みください。)
 今年のクラブカップの地図縮尺が1:5000と1:7500であることはすでに発表済みですが、先日発表された埼玉オリエンテーリングフェスタの要項によると、来年の全日本リレーの一般クラスでも1:7500の地図を使用するようです。(選手権クラスについては未発表。でもふつうは、わざわざ一般クラスと縮尺変えませんよね?)

続きを読む "1:7500の地図"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.08.04

歴代ファームチャンピオン

 先日、公開されたクラブカップ7人リレー2004の要項に、新たな特別表彰として

「ファームチャンピオン」
各クラブの第2位のチームで一番成績が良かったチーム

が、発表されました。
 そこで、過去にさかのぼって"ファームチャンピオン"を調べてみました。

続きを読む "歴代ファームチャンピオン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.19

クラブカップ掲示板 データ検証その2

クラブカップ掲示板 データ検証その2

以前、クラブカップ議論掲示板に書いたネタを再録し、その解析、予想がどれだけ当たっているかを検証してみます。




【タイトル】新レギュレーションに関する分析(後編)
【 日付 】2003/05/10 23:28:22

続きです。

ちょっと内輪の話になってしまうのですが、、、

実は浜松OLCの中でも
チーム編成に対してはいろいろ意見があるわけでして。
「最強チームを作ることに意味があるのか?
 多摩、京葉はおろか、静岡にだって勝てるわけない。
 最強チームから外れた人はつまらないand悲惨。
 正規・オープン関係なく実力的に等分して、
 クラブ内で競い合う&楽しむ方がよっぽど健全。」という人もいます。
いまのところは、わたしがそんなクラブ員たちを
なんとかなだめて、すかして、だまして、笑わせて、
勝てるわけない(?) 静岡OLCに勝負を挑んでいるわけです。

でも、これもうちのB,Cチームでもなんとか完走できるかも、
という競技レベルが前提であるわけでして、昨年のような
コース設定がもし続くのなら、ちょっと編成を考え直さなければ
いけなくなります。

山川さんは、
> ・学生は、男女ミックスの原則さえあれば、あとは自由と
>  いう位まで敷居を低くしたい、高校生は自由。
>  せめて有力クラブの最強チームは、強豪地域クラブと
>  対等にせめぎあっていただきたい、という思いです。 
と書いておられますが、昨年のエントリー状況を見る限り
その意をくんだのは東北大学をはじめとする一部の学校のみ
のようです。
たとえば、麻布高校は昨年はクラブカップの真裏で夏合宿を
やっていましたし。
(「どうせ参加しても完走できっこないから」とのこと)

山川さんを信用しないわけではないですが、
クラブカップがここまで大きな存在になった現在、
どうしても「クラブカップをエリート達の競技会にしたい派」
の意見を無視できないのではないか、と危惧してしまいます。
(わたしとしては、そういうのは全日本リレーでやってくれ
と言いたいです。全日本リレーだったら、
「トレーニングしていない奴は来るな」的な態度でも
まったく問題なしです)

今回のレギュレーション改正で、これまでの上位チームはさらに
パワーアップした布陣が組めると思います。
(たぶん、表彰台にあがる女性の人数は減るかな)
きっと15位前後から下は1周遅れ、60位前後から下は2周遅れでしょう。
そんな状況でも「やってられねぇ~」なんて思わずにOLするには、
「最初から勝負を捨てる」という選択肢もありなのかな、と考えてしまいます。
(それだけに、東海高校のチャレンジには拍手を送りたいです。
 ぜひとも完走して欲しいです。)

このあたりのところは、いつも山川さんが主催者挨拶のところで書かれる、
「参加者の価値観、思い入れがこの大会を作り上げる」ことですので、
どうしようもないことなのですが、
コース設定1つでこのあたりの雰囲気が一変するのも事実ですので、
ちょっと書いてみてしまいました。
(たとえば、各走区のトップタイムがたった1分長くなっただけで、
 ウム回避を目指すレベルのチームのウィニングタイムは
 おおよそ15分ほど長くなってしまいます。
 わたしは昨年、9:05になっても1走のトップが帰ってこない時点で
 浜松OLCのB,Cチームのウムスタートを覚悟しました。)

長々と書いてしまいまして、すみません。
もしかして、このあたりの話、オリエンティアMLでは
既出だったでしょうか。


■検証  優勝したES関東クラブAに1周遅れになったのは、15位の静岡OLC-Aより下、2周遅れになったのは25位の千葉OLK-Aより下のチームでした。  1周遅れはピタッと当たりましたが、2周遅れは大はずれですね。この年は例年以上に4、5走で大きく離されてしまったため、このような結果になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.29

クラブカップ掲示板 データ検証その1

クラブカップ掲示板 データ検証その1

以前、クラブカップ議論掲示板に書いたネタを再録し、その解析、予想がどれだけ当たっているかを検証してみます。




【タイトル】新レギュレーションに関する分析(前編)
【 日付 】2003/05/10 23:26:46

成績表、わたしも楽しみにしています。
というか、山川さん家の片づけ、手伝わせてください。
そうしないと、「クラブカップ データ集」も更新することが
できないので。
ま、とにかく、なにかご要望がありましたら、なんでも
お申し付けください。グラフでも表でも何でも書きます。

では、発表された新レギュレーションについての考察をすこしやってみます。

まずは、これまでのエントリー全体に対する正規チームの割合の推移を。

第1回 65.0%
第2回 62.3%
第3回 76.0%
第4回 68.1%
第5回 71.4%
第6回 73.4% ここまで6人リレー
第7回 65.5% ここから7人リレー
第8回 69.9%
第9回 56.0%
第10回 58.0%

6人リレー時代は70%前後を推移していましたが、
7人リレーになり徐々に正規チーム割合が減少していき、
この2年間は60%を切っています。

では次に、昨年の状況について細かく見てみます。

昨年の出場チーム数138チームの内訳は
 正規   80
 オープン 58
で、この58チームがどうしてオープンになってしまったかというと、
・人数が足りずにオープン      38
(複数回出走or他クラブから借りる)
・制限選手が足りないのでオープン  20
と、オープンチームの約1/3がレギュレーション上の制約でオープンに
なっています。
(卒業後まもなくのOBチームや最強チームからあぶれた(?!)人が
 集まった地域クラブチームなど)

この20チームですが、現在提案されている新レギュレーションを
適用すると、6チームが正規チームになるようです。(案外少ない?)
そして残りの14チームもクラブ内でうまくやりくりすれば、
あと数チームは正規チームでエントリーすることができそうです。

となると、正規チーム割合はおおよそ5~8ポイントほどの増加
見込めそうです。
(当たらなかったらごめんなさい)

ただ、このレギュレーション改正は、別の問題を
引き起こしそうな気がします。

長くなったので、いったん切ります。




■検証
第11回大会では参加チーム数は120。内訳は正規チーム 81、オープン 39。ということで、正規チーム割合は67.5%、前年比で9.5ポイントの増加でした。(けっこう、いい線当たっていたかな。)
正規チームエントリー数はほとんど変化なく、オープンチームが大きく減少したためにために、結果として正規チーム割合が増加したのですから、予想が当たってもあまりうれしくないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003.12.26

2004年以降のリレー大会

社会人になって、リレー大会しか出なくなった、という方が多いですよね。
(わたしもそうです)
というわけで、来年以降のリレー大会について、まとめてみました。

◎クラブ員ならばぜったい(?)参加してほしい大会
○時間があれば、ぜひ参加してほしい大会
△元気な人は参加するかもしれない大会

△関東リレー(関東インカレ団体戦)
04/02/08 栃木県塩谷郡塩谷町
関東リレー大会要項
申し込み締め切り 1/31

○東海クラブカップリレー
04/02/29 三重県関町
申し込み締め切り 2/10消印有効
要項

△青山高原オリエンテーリングフェスティバル(インカレ併設大会)
04/03/14 三重県青山町
申し込み締め切り 通常1/31 遅れ2/29
IC2003 大会要項

◎クラブカップ7人リレー
04/10/03 長野県駒ヶ根高原
クラブカップ7人リレー2002

○ウェスタンカップ
04/12月初旬 京都府

◎全日本リレー
05/01/09 埼玉県滑川町 森林公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)